絵本紹介【ねこねこ 10ぴきのねこ】

育児・子供関係 アイテム
スポンサーリンク

ねこねこ 10ぴきのねこ  

作・絵:マーティン・レーマン

訳:ほしかわなつよ 

童話館出版

この本は、息子が2歳くらいに手に取った本です。正直最初はあまり興味を持たなかったのですが、だんだん興味を持ち始めて、気付くと自分で本を手に取って見ていたように思います。

この本、表紙だけでも雰囲気が伝わるかと思いますが、猫や描写や色彩がなんとも独特の雰囲気です。もしかしたら、最初は怖いと思ってしまうお子さんもいるのかも、、と思ったりします。しかし、悪い意味ではなく、雰囲気がすごいのです。まるで絵画のような絵で、猫達がこちらも見つめていて、大人でも見入ってしまいます。

結局、息子は、破れるほどこの本を見たほどでした。字が読めなくでも絵だけでも十分楽しめ、親子で読み聴かせながら、どんな猫だろうと思いを巡らせることのできる素敵な絵本だと思いました。

日本の絵本ではなかなか感じられない雰囲気の、外国の絵本です。とても素敵な絵本なので、興味がある方は、↓の表紙絵をクリックしていただくと詳細をご覧になれます。試し読みもできますよ。(絵本ナビのページに移ります。)

mamakoをフォローする
どさんこそだて便利帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました